ZAB 一般社団法人全国空き家バンク推進機構

ZAB 空っぽの資源を笑顔で満たそう

ZAB メインイメージ

ZABが実現したいこと。

日本全国、様々な土地で、いろんな生き方・暮らし方があります。
私たちは、そんなお一人おひとりを応援したい。その地域でがんばる人たち、生を創る人たちに寄り添いたい。そんな素朴な思いから、この組織は生まれました。
私たちZAB(全国空き家バンク推進機構)は、国難と言われる空き資源(空き家・空き地・空きビル・空きスペース・廃校等)の利活用を通じて、地方創生・公民連携の実現を図ります。

応援村

ZABストーリー

魅せられたまちが教えてくれたもの

フリーライター 藤原美樹さん

記事を読む

大分県

大分市

記事を読む

ZABとは

ZABとは ZABとは

ZABの人たち

2017年6月27日に設立し、2018年4月1日から本格的に事業を開始しました。
理事長は、樋渡 啓祐(元佐賀県武雄市長)です。
行政経験者・学識経験者・企業経験者をバランス良く配し、事務局を自治体職員で構成しているところが、唯一無二ともいえるZABの特徴です。
理事等紹介

ZABの役割

国・自治体・企業のつなぎ役として、地方創生・公民連携の推進を図ります。具体的には、全国空き家・空き地バンクを活用した空き家問題の解決や、空き家に留まらない「空き資源」全般を通じた地方創生事業の推進、自治体に対する空き家に関わる知見や、ノウハウの共有、自治体と民間企業のマッチングによる新規ビジネス、プロジェクトの組成、関係団体と連携した調査・研究や提言など、そのまちの課題解決につながるものであれば、何でも担って参ります。 ZAB紹介資料[pdf]

流れ

  • 1.ZABへ連絡

    自治体・企業(トップから担当者まで、どなたでも)からZABへご連絡

  • 2.ヒアリング

    空き家を含む「空き家・空き資源」に留まらず、解決したい課題あるいは課題になる前の状態を教えてください。

  • 3.取組開始

    ZAB連携企業のノウハウ等を活用し、課題解決に向けてご提案し、伴走します。

コラム

\ ほぼ月曜日更新 /

(第二十六回)応援村と恩師の言葉

2019.12.23

いけ

いけ 別府生まれ・別府育ち。趣味は海鑑賞・ヨガ・寝ること。

沖縄行きのフライト。
私が一番好きな時間だ。今、とても心地よい時間が流れている。

 

基本的に移動は好き。特に、飛行機が好き。
なぜなら、電話もない、メールも(こちらから繋がない限り)基本的にはない。そしてもちろん、料理や洗濯といった煩わしい家事もない。
完全に、自分のための自分だけの時間が過ごせる時間。
いつでもどこでも簡単に繋がることができる便利な時代で、自分だけを切り取れる場所は地球上にここしかないのではないかとさえ思う。

 

今年は、年明け早々14日から「応援村 OUEN-MURA」三昧の1年間だった。
ありがたいことに、ここに来てメディアの注目が益々高まっている。
先月と今月発売された『日経トレンディ』12月号・1月号で連続して「応援村」の特集が組まれた。先月号「2020年ヒット予測100」の第一位に応援村が選ばれてから、世間の関心が益々高まっているのを実感する。これも全て、全国で「応援村」に賛同する方々あっての展開だと思う。

 

ZAB理事長兼応援村実行委員の樋渡を始め関係者といつも話すのが、この「応援村」を子どもたちが関われる取組にしたいということ。
光が強い分、影も濃くなる2020年。だからこそ、全国の人たちが日常生活の中で、一人ではなく複数で応援できる場・関われる場を創りたい、そう思っている。

 

やりたいことはいっぱいある。
外国語のホームページも作りたい。海外から日本に来る人たちにこの素晴らしい情報を届けたい。
そして、海外でも「応援村」をしたいと賛同してくださっている現地の方々と企画を作り上げたい。今、アメリカのボストン・ポートランド、ハワイ、台湾、タイなど様々な国や地域とディスカッションを続けている。
それから、「応援村」に興味を持つ自治体の皆さんに、新鮮な情報を届けたい。興味を持ってくださった企業や団体、一般の方々が応援村を実施できる仕組みを作りたい。
やりたいことだらけだ。
しかし身体は一つ。事務局のマンパワーも限られている。
どれだけシステマチックに動けるよう仕組みを作ることができるか。そのシステマチックな対応部分と、個別具体的な対応部分を的確に分けることができるか。ここに「応援村」の成功の鍵があると思う。

 

これは、10年前、大学の恩師から言われハッと気づいたことと繋がる。
当時、国民健康保険の窓口業務を担当していた私は、窓口で出逢う一人一人に全力投球し、なかなか評判の“窓口娘”になっていた。周囲の職員や上司の理解もあり、私はこれまでのやり方をどんどん変えた。申請書のハンコ主義を止め、必要のないコピー作業は廃止した。窓口に訪れる一人一人の困り事に合わせて、法や制度の“連立方程式”を解きながら最も適した回答をこちらから提案していった。喜んでもらえるのは嬉しいし、パズルのピースをはめていくようで私も楽しかった。
そうしていると、わざわざバスを乗り継ぎ1時間かけて来てくださる方が現れたり、私のブースに長蛇の列ができていてもなおご指名をくださる方が現れたり、まさにこれは天職だと思った。
しかし、恩師は、私の話を聴きながらこう言った。
「とても素晴らしい。ただ、あなたが対応できる人の数は限られている。あなたの一生をかけても、せいぜい数百人か数千人。でも、“仕組み”を構築できたら、あなたは何十万人・何百万人の役に立つことができるよ」
人生迷走中の10代最後に出逢い、それから20年間師事している現・早稲田大学総長の田中愛治先生の言葉だ。

 

今は「応援村」の仕組みを構築するときだ。
全体イメージはできたものの、事務的なロジックはまだまだ不十分だ。事務局の限られた人員で、どれだけ多くの人たちを幸せにする仕組みを構築できるか。
この年末年始が山になると思う。

 

*皆様、今年も一年間大変ありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。

 


2019年ラグビーW杯期間中、大分県別府市で開催した「おもてなし広場」の様子。来年の「応援村 OUEN-MURA」もワクワクします。

文章を右にスクロールすると続きがご覧頂けます

いけ

いけ 別府生まれ・別府育ち。趣味は海鑑賞・ヨガ・寝ること。

コラム一覧

お知らせ

一般社団法人全国空き家バンク推進機構(ZAB)

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3−7−6 
茅場町スクエアビル6F

© 一般社団法人全国空き家バンク推進機構(ZAB)