佐賀県武雄市と連携協定締結 2018.8.28

(写真1)武雄市 小松市長とZAB理事長樋渡

 

2018年8月28日(火)、佐賀県武雄市と連携協力に関する協定書の締結をいたしました。
空き家の解消だけでなく、交通弱者対策をはじめ地域課題にも、ZABと連携する民間企業の協力を得て共に取り組みます。
武雄市の小松市長からは「住んでいる所でずっと暮らせる町にするのが究極の空き家対策と考える。有意義な連携になるよう尽力したい」との言葉をいただきました。
ZAB理事長 樋渡は「空き家をプラットホームにして公民連携の形が武雄市から生まれることを期待しています。精いっぱいサポートします」と述べました。
このことはNHK佐賀放送局や地元佐賀新聞でも大々的に報道していただきました。
関係者の皆様に感謝しますとともに、決意新たに武雄市の求めに応じて地域課題解決に向けて頑張ってまいります。

一般社団法人全国空き家バンク推進機構(ZAB)

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3−7−6 
茅場町スクエアビル6F

© 一般社団法人全国空き家バンク推進機構(ZAB)