[報告] 2018年12月6日(⽊)
『健康 × 温泉 × 空き資源の可能性』イベント 2018.12.8

別府市で 長野 恭紘 (Yasuhiro Nagano) 市長と対談。

一般社団法人全国空き家バンク推進機構(ZAB) 主催で行いました。

満員御礼。プレスの方々多く集まって頂きました。

市長の別府市に対する思いが披露。迫力ありました。

 

僕からは、認知機能の低下が「声」で分かるアプリを紹介。

今後、別府市と九州大学と組みながら、「温泉と認知機能(認知症)との関係」などが実証できる機会ができればいいなって思います。

 

 

この声アプリに関しては、どこかのタイミングでFacebookでも紹介したいと思っていますが、最新のテクノロジーが地方創生に直結できるような座組というか仕組みを考えていきます。

 

樋渡啓祐

一般社団法人全国空き家バンク推進機構(ZAB)

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3−7−6 
茅場町スクエアビル6F

© 一般社団法人全国空き家バンク推進機構(ZAB)